特産物のご紹介

〒048-2672
小樽市塩谷1丁目15番地12号

℡ 0134-26-1231

小樽市の農業は、急斜面、狭小の地形の環境で都市型農業、野菜・果樹を主体としたハウス施設型による高収益農業を目指しております。

小樽地区では、「きたえくぼ」と「とよのか」を交配して作られた品種「けんたろう」を生産しています。

「けんたろう」は、甘みが強く酸味の少ないうえ、大粒で美味しい品種です。食べたときに口の中に広がる甘い果汁はとっても美味しいです。

小樽地区でさくらんぼの栽培が始まったのは今から100年以上前になります。

さくらんぼの品種「水門」は、小樽が発祥で、水源地近くで発見されたことからその名がつきました。

小樽地区では、品種「キャロル10」「コロコロ」を主に栽培しています。

品種「キャロル10」は、色が鮮やかで果実が肉厚、そして糖度が高いので食味がとっても良いと評価されています。

ページの先頭へ